日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


初乗り?

守谷ハーフマラソンまであと2週間となった。
しかし風邪をひいて1週間も走れてない。今日は天気も良いんで走りたいなあと思っていたが残念。
風邪はだいぶ良くなってきたんだが、無理してこじらせてもいけないしね。
薬の副作用か、今回は喘息のような感じになって階段上がる時など息がすぐに苦しくなった。
熱は36度台になったんでもう少しの辛抱かな?

というわけで今日はランは無しに決定です。代わりに自転車に乗ることにしよう。
ランよりは楽だし身体を動かしたという爽快感も感じることができるだろう。
久しぶりの自転車。考えたら今年になって初…
110122b.jpg
そんなわけだから出発するまでに「あれが無い、これがない」と大変です。とうとう耳当てが見つからなかった。
代わりに花粉症で苦しかった時買っていたマスクが見つかった。
風邪気味でもあるし、ちょうどいいや、これをして走ろう。
これは「respro」のマスクです。呼吸が楽なように、まためがねが曇らないように呼吸弁が付いています。
ちょっと格好がいかついですが、自転車で走っても息が苦しくならず、寒くもない。
街中ではちょっと格好悪いけどね。
110122a.jpg
今日は15名程の集まりです。ITAのバイク練習会40kmとのことで、この位なら風邪気味でも走れるだろう。
幸い自宅近くのサイクリングロードを走るので、苦しかったら途中でリタイヤも視野に入れて「あくまでも無理はしない」を守って参加です。
 スポーツクラブの駐車場に集まって自己紹介。遠くに見える赤城山はかなり白くなっている。
ここから、市内をわずか走って広瀬川サイクリングロードに出る。いやあ、今日も山々が綺麗に見えるねえ。
久しぶりの集団走行、真ん中くらいの位置で走る。
このコースは散歩からランニング、犬の散歩、そしてサイクリストとみんなが楽しく利用しています。
そしてところどころにある車止めのポール。これらに注意しながら走るのでそうスピードは出ない。
風邪気味の我輩にはちょうど良い位だ。
110122f.jpg
 これなら最後までついて行けそうだな。
島村の渡しを過ぎてちょっと向かい風の利根川沿いに坂東大橋を目指す。
坂東大橋を渡って上武大橋前はちょっと広めのほぼ直線。
ここは、自由に思いっきり走ろうということで、走りたい人はダ~ッシュ!!。
ただし当然のことながらランナーや、出入りする車には注意しましょうとのアドバイスがあった。
110122c.jpg
 ビューンと先頭集団が去って行った。我輩も様子を見ながらスピードを出してみる。
追い風に助けられて息は上がらない。MAX40Km/H位まで出してみた。なかなか快適。でも長くは続かない。
そう、今日は無理は禁物なのだ(^_^;)
浅間山が真っ白。いいねえ。そういえば、今日あの近くでスノーハイクするぞ~って人がいたなあ。雲も少なそうだし風もあまりない。きっと白銀を満喫していることだろう。我輩も風が治ったら今度は山かな?
110122e.jpg
 上武大橋で全員集合。そこからは比較的のんびりした走りで戻った。途中「今日の距離はどうでした?」と並走する人に問われた。こんな感じでさりげなく参加者の意見を集めてるんだろうね。「60km位あってもいいと思うけど、風邪気味の私にはちょうど良かったですよ」と返答。
そして集合場所に到着。元気な人達数人は赤城神社まで走るそうだ。標高約500m、往復40kmくらいかな?風邪で無かったら行きたいところだが、今日は我慢ガマン…
帰りにスポーツクラブの案内書をもらって帰った。ここで泳いで帰る人もいるようです。我輩も入会しようかなあ…
みんなと別れ帰路はのんびりサイクリングロード帰る。途中「旧時報鐘楼」を見学した。
ちょっと物足りないけど、往復入れて50kmの初乗りでした。
え~と体温は… 36.5度。まずまずかな(^_^;)

伊勢崎市の時報鐘楼とは、こんなものです。
 1915年、横浜の貿易商で伊勢崎出身の小林桂助氏が寄贈した県内最古の鉄筋コンクリート建造物。第二次世界大戦によって鐘は供出、塔屋部分は焼失したが、平成2年復元された。高さ14.56m、外壁はレンガ積みで西洋文化に憧れた大正人のロマンを今に伝える。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。