日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


筑波山へ (その1)

9月12日の記録です(^_^;)

まさか住むことはないだろうと思っていた守谷に単身赴任中です。
仕事は東京ですけど…
というわけで、せっかく茨城県に来たならやはり筑波山にいかなくっちゃと早速挑戦。
登るなら「ツールドつくば」の行なわれたコースを登りたい。
なかなか厳しい登りの様です。
暑くなりそうだし、6時半、早めに出発。今日は長丁場だ。
まずは水海道をめざす。車が多くて走りにくい。おまけに強い向かい風。
そして354号線経由で筑波方面へと向かう。初めての道は緊張する。
しっかりと標識を確認して走る。408号線に入り筑波学園都市方面へと進む。
そろそろ筑波山見えてもいいんだけどねえ…
う~ん、本当はあっち方向にあるんだろうけどねえ。
もやっとした空気のためかもね。グッと近づいたらどうにか見えてきた。
このまま見えなかったらせっかく来た甲斐がないもんね。
10092001.jpg
予定では、先に筑波山に登りその後はサイクリングロードを走って土浦迄と思っていた。
しかしまだ筑波山はもやっとした感じですっきりと見えない。
んじゃ、まずはサイクリングロードを北上して終点の岩瀬まで走ってみようかな?
つくば鉄道の廃線跡がサイクリングロードになっているんです。
10092002.jpg
 この「つくばりんりんロード」岩瀬から土浦まで40km。
その中間あたりが筑波休憩所です。
カラフルに色塗られたロード、廃線跡のためかまっすぐなコースが続く。
そのため路面の色ところどころ変えたり、大きく波打った起伏を作ったり、ちょっと曲げてみたりとなかなか工夫している。
でも道路との交差が多。
「一旦停止」に気がつくようにその前後はちょっとザラメ状にしたりしている。
文字を彫りこんでいて、凸凹と走りにくいのはちょっと閉口した。
まあ、安全運転のためにはやむを得ないだろうけどね。
10092003.jpg
筑波の休憩所でおにぎりを頬張りながら筑波山を眺める。
家族連れやや恋人同士?、単独のおじさん等々、ママチャリやクロスバイク、ロードと色々な人が走っている。人気のあるサイクリングロードですねえ。見上げる筑波山、どのあたりまで登るのかなあ…
10092004.jpg
 わざと起伏を作っているコース。こんなひと工夫が単調なコースに面白みを加えてくれる。
でもあまりスピード出して突っ込むと危ないよ(^_^;)
10092005.jpg
真壁休憩所の近くに人気のお店があるよ~って情報を得ていたので言ってみると暖簾が出ていない。
残念休みかと記念撮影をしていたら、近くにいたおばさんが「やってるよ~」って教えてくれた。
何が人気かというと「おにぎり」です。ちょっと塩気の効いた鶏飯おにぎり。
なかなか美味でした。120円
10092006.jpg
ホームの面影がある休憩所で一休み。
以前の駅のホームが休憩所として利用されています。
大きな木のある気持ち良い休憩所。
電車が走っていた時の、のどかな光景が目に浮かぶようです。
地元のサイクリストと情報交換ししばし歓談。
10092007.jpg
サイクリングロードはここ迄。
終点の岩瀬で折り返しです。のんびりとお昼寝しているサイクリストがいました。
風が心地よい。こんなのんびりサイクリングもいいねえ。
10092008.jpg
帰りはちょっと寄り道して真壁の町を観光です。
400年前の江戸時代の町割りがそのまま受け継がれている歴史ある蔵や門。中々趣のある町でした。
10092009.jpg
見世蔵、土蔵、門等が、平成11年度から国の登録文化財制度を活用し104棟の登録を受けています。
「旧真壁郵便局」中に入って見学することができます。なかなか良い感じのところでした。
10092009a.jpg
 さあ、ちょっとのんびりしすぎたかな?
ここからビューンと飛ばして、筑波山」の登り口まで急ぎましょう。
さて、いよいよ後半は「その2」へと続きます。ここまで80km位走ったかな?
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。