日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


富士山エコサイクリング(9/5) その2

富士山、最初30分くらい走ったところでは見えていた。今日初めての富士山。
あれをぐるっと回るのかあ…日本一の富士山、とても壮大な気がする。よし!完走するぞと気合を入れる。
しかしこの後雲に閉ざされ、富士山を見ることはなかった。写真とっておけばよかったなあ…
富士山一周サイクリングなのにこの後も富士山の写真はとれずじまいだった(^_^;)
1009137.jpg
コースは前半はほとんど下り基調。このところ膝の調子が良くないので控えめに走る。
Kさんも膝に爆弾抱えているようで障害者同士ゆっくり走りましょうとだべりながら走る。
しかし、最初の頃はあまりにものんびりペースで走りにくい。初心者も多く混じっているのかぎくしゃくした走りで危ない感じ。で、ある程度スピードを上げて集団離脱。それなりにペースのあった手段を求めて放浪する。
そのうち集団もこなれてきて快適走行となる。
1009138.jpg
最初のエイドは15km位、まだ早すぎるねとパス。朝霧高原や富士の樹海などを眺めながら前半の60km位までは若干のアップダウンはあるものの、ぐんぐんと下る。我輩は下りは苦手。何度かハンドルを取られて車体が共振しているのかブレがおさまらず怖い思いをしたことがある。自転車が悪いのか、路面が悪いのか、それとも腕が悪いのか?いずれにしろ下りは怖さが抜けない。Kさんは下りも快適にぶっ飛ばしていく。先で待っててね~。
1009139.jpg
 今回のエイドでの食べ物はバナナが多かった。というよりバナナばっかりといった感じ(^_^;)
朝霧高原を下りきったエイドは、飲食ステーションということで地元の焼きそばなどがあった。お昼はここしかないらしい。まだ時間も早くお腹すいてないけどねえ…でも食べておかないとこの先上り基調となるもんね。
じゃ地元の焼きそばを食べましょう。……美味しくなかった…
10091391.jpg
第4エイド迄はちょっと平たんな道が続く。
そしていよいよ黒岳への上りです。ここまで快適なくだりで半分過ぎていた。あと半分は大きな上りが二つ。まずはその第一発目です。だらだらと上る。前半で足を使いきった人でしょうか?既に押してる人もちらほら…
その姿を見て「我輩は絶対足をつかないぞ~」とKさんに誓う。そう、Ou!sun's関東支部のプライド賭けて戦うぞ~
久留米で練習していたパラボラの上りに比べればこんな坂はヘッチャラです。
10091392.jpg
第4エイドは、いよいよ登りかと思って頑張ったらエスケープするようにコースから外れた場所にあった。無駄な上りだったなあ、これならよらなくてもよかったかも(^_^;)
kさんの携帯に、九州のY嬢からメールが入る「頑張ってる?」Y嬢は久留米で一緒に走ってた仲間です。今は事情でちょっとお休み中ですが。
嬉しいね。こうして仲間が見守ってくれてると思うと恥ずかしい走りはできません。不安だった膝もどうにか持ちこたえている。さあ、一気に次のエイド迄駆け昇ろう。
10091393.jpg
第5エイド、意外と楽な上りだったねえ。とはいえ少し足に来てる。パンを頂戴した後、行列に並ぶ。ここにはボデーケアマッサージをしてくれているんです。おい互い膝に不安があるんでテーピングしてもらった。
これで後半の上りも大丈夫かな?
 さあ、最後の上り、本日のメイン「籠坂峠」です。ここでKさんがダッシュ宣言。のんびりペースで力が余っていたのか、少し本格的に走りたくてうずうずしていたんでしょう。「では、エイドで待っててね」と見送る。
しかしそのダッシュも束の間、あっというまに次のエイドに到着です。ちょっと肩透かし食ったような感じで一休み。
 10091394.jpg
さあ、では再度元気出して上りましょう。最後のエイドステーションは籠坂峠の手前です。Kさんのメーターは傾斜が分かるらしい。今7%、ここは10%…と時々教えてもらう。最初の頃はここ5%位?と感じて聞くと、「7%です」という。調子が良い証拠かなあ?でも後半になるとここ10%位でしょう?と聞くと「6%ですよ~」だって(^_^;)
やはり疲れが出ていて実際以上に激坂に思えちゃうんでしょうね。押してる人もいます。で我輩は歯を食いしばって上ります。なんたって今日は頼もしい相棒と一緒に走っているんですから。
Kさんもテーピングが功を奏したか、ひざも具合悪くならずに快調のようです。そして籠坂峠をクリアー。意外と楽だったね。って感じで笑顔を交わす。
そこからは快適なくだりでラストスパート。ビューンと先行者に追い付き追い越す。爽快です。最後は山中湖畔の賑やかな商店街を通過し、Kさんと同時にフィニッシュ!いやあ、お疲れ様~
10091395.jpg
 ゴール後は地元産のうどんを食べる。見かけはおいしそう。そして手作りのコショウを入れる。いやあ、美味しかった。ちょっとコショウ入れ過ぎて辛さだけが印象に残ったうどんでした(^_^;)
ファミリーコースを走ったhiroも知り合いができて楽しいサイクリングだったようです。
今回は、青い空、気持ちよい風、そして富士山をみながらのんびり走って完走!が目標でしたが、青い空にくっきりと浮かぶ富士山は見ることができなかった。
来年リベンジかな?などと話しながら渋滞の高速を帰路に就いた。小仏トンネル○○Kmの渋滞…
どうせ渋滞して時間かかるならぐるっと遠回りして長野方面経由で帰ろうか?

今回は前半がほとんど下り基調、いやあ、気持ちよかった。そして後半はいじめかとも思える上り一辺倒のコース。苦しかったけど、最後に汗をかけて気持ち良かったです。参加費用7,000円(当日参加は10、000円)の割にはエイドがいまいちだった。でも、日本一の山「富士山」を一周できるなんていう壮大なイベントは何にもまして満足感でいっぱいです。
次もまた参加したいなあ…こんどこそ富士山眺めながらのんびり走るぞ~
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。