日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


赤城山に自転車で

 いつか自転車で登ってみたいと思っていた赤城山南面道路。
明日は用事があって出かけられない。そして今日は曇り空、山に行くにはあいにくの天気。昨日ジョギングしたので今日は走りたくない。
そんな絶好のタイミング「よし、赤城山に行こう!」とついに赤城山挑戦、その日がやってきた。
実は「ツール・ド・美ヶ原」に出ようかなって思っていたんですが、10%を超える勾配と1,200mを超える標高差の登りにビビって今年は断念した次第です。それで来年のためにも同じような距離、標高差の赤城山登って練習しなくっちゃという気になっていました。
最近ジョギングのほうにウエイトが移って自転車から少し遠ざかっていたのも断念した要因でした。
来年こそは!

 というわけで本日挑戦となったわけです。
しかし、気合を入れて出発しようとして外に出たら雨が降ってきたではありませんか(^_^;)
やみそうにないので中止…悲しい、あまりにも悲しい。今日は一日家でぼんやり過ごすのか…ま、雨じゃしょうがないねと気持ちを切り替えて音楽聴いたり部屋の掃除したりして時間を過ごす。でも諦めきれないんだよね。今日を逃したらまた所用が立て込んでいてしばらくそのチャンスはやってこない。何度も外に出ては空模様を眺める。

 すると雨は上がり次第に道路も乾いてきているではないか。この様子なら当初の天気予報通り夕方まで雨は降らないかもね。途中まででも行ってみようかな?もし途中で降ったら引き返せばとの覚悟で出発進行!当初予定では前橋の県庁あたりまで車で行って坂だけを楽しもうと思っていたが、雨になるかもしれないし、サイクリングロードだけでも楽しめればと自宅(標高約55m)から走ることにした。

 広瀬川沿いのサイクリングロードから、桃の木川サイクリングロードを走る。約20kmで前橋から県道4号線の赤城山南面道路の登り(標高約110m)となる。雨は降ってきそうにもない。赤城山方面はどんよりとした雲がかかっているが雨にはならないだろう。よし、ヒルクライム決行だ。

 この道路は道が狭いし車が多い。どこか工事中なのかトラックも多い。怖いなあ…道路の端っこを遠慮しながら走る。徐々に勾配がきつくなってくるが焦らない焦らない。今日はタイムトライアルは全く視野にない(もちろんそんなに急いでは上がれないしね)。まずはゴールに辿り着くことが目標です。赤城神社の鳥居(標高約240m)に到着。ここから約1,200m位あるんですよね。ひたすらペダルを回す。このあたりから徐々に車も少なくなり走りやすくなってきた。とはいえ足は重い。ゆっくりゆっくり登りましょう。

1005294.jpg 1005295.jpg 1005296.jpg
 画像はクリックすると大きくなります。

 畜産試験場(標高約360m)を過ぎ、赤城ゴルフ場分岐(標高約550m)を過ぎてしばらくはだらだらとした直線状の上りが続く。なるべく先を見るのはやめよう(^_^;)ひたすら登ります。このあたりは新緑が綺麗でした。今日は寒い位であまり汗をかきません。この調子ならゴールまでいけるかも。しかも一度も足をつかずに(^O^)/

 桜の里分岐(標高約810m)あたりから右に左にカーブが始まります。標高950あたりではレンゲツツジが咲いていました。綺麗ですねえ。ちょっとカメラを…いやいや、途中で止まりたくなかったので撮影は帰りにしましょう。もっと沢山のつつじがゴール付近に咲いてるかもしれないしね。
鍋割山の登山口、箕輪の駐車場(標高約1,050m)に到着。沢山の車が止まってます。大型バスも数台。赤城山はこんな天気でも人気あるんですねえ。「休んだら?まだ先は長いよ」との悪魔のささやきが聞こえる。駄目ダメ!ここまで来たらゆっくりでもいい、足をつかずに上るんだあと、心地よく聞こえる悪魔のささやきを振り切って先へと進む。

 しかしここからが本格的な登りとなり試練が続く。カーブが多い時はその先がどうなっているか気になるが、それっでも直線が続くより気分が楽だ。今迄はフロントアウターでリアは後2枚と言う感じで登ってきたが、そろそろフロントをインナーに切り替えよう。速度は既に10km/hを切っている。のろのろとした走りですがもういここまで来たら維持です。絶対止まらないぞ(^_^;)

 標高1,100mあたりから霧が濃くなってきた。視界は100~200mと言ったところだろうか?下ってくる車はライトをつけている。上りは大丈夫だろうが、下りは追突されたら怖いなあ…1,200m、1,300mと標高を上げるにつれどんどん度霧が濃くなる。もう新緑も楽しむことができない。後の楽しみはゴール到着あるのみだ。リアのギアもいよいよ後1枚になった。これは最後まで貯金しておこう。この貯金があるかないかで頑張りようも変わってくる。後一枚あるからきっと上れるさ。

 さあ、最後のカーブだ。そしてストレートの上りで目的地の「赤城総合観光案内書…以前はエネルギー資料館と読んでたみたいだけど変わったのかな?」(標高1,436m)です。やったね(^O^)/

1005298.jpg 1005297.jpg 1005299.jpg

 霧で周りの景色はほとんど見えない。目を凝らしてもつつじはまったく咲いていない。視界50mもないのかもね。寒いので館内に直行。「何か温かいものありますか?」「「田舎ぜんざいはいかが?甘くて暖かそう。それくださいな」確かにおいしかった。でもそれだけではおなかいっぱいにならなかったので、でっかい「牛乳パン」とホットコーヒーをストーブにあたりながら食べる。このパンもなかなか美味ですねえ。

 さて、この先に行ってもこれ以上の景色は見れないし霧で危なさそう。天気がよかったら、大沼小沼経由で赤城温泉のほうに下りたかったが次の機会に楽しむことにしよう。
お店の人やお客さんに「気をつけてね」と見送られて出発。それにしても霧が濃いいですねえ。今日はライトをつけてこなかったんで怖いです。車はびゅんびゅん飛ばして下ってくるし、寒くて手はかじかんでるし、ところどころ道路に凸凹つけてるし…必死でブレーキ掛けながら下る。景色を楽しむどころではありません。もっとも霧で見えないけどね(^_^;) 霧で自転車も服も全面がびっしょりになりました。まいったまいった。
 
 箕輪の駐車場に到着です。手が冷たくて我慢できません。ちょっと休んで以降。ちょっとそして鍋割り山登山口で記念撮影。さあ、少し霧も薄くなってきたのであとはビューンと下るのみ。いくぞ~…と思ったらなんと後輪が変な感じ。なんとパンクです。いやあ、まいったね。パンク修理です。またパンクしたら嫌だから、しっかりとタイヤ点検。すると小さなガラスが刺さっていました。駐車場で踏んだのかあな?空気入れでしっかり温まりました。

 この先はカーブも少なく直線の下りなので快適に下れます。ここまで下ってくると手の冷たさもそう気になりません。途中レンゲツツジを撮影しビューンと前橋市内まで下ってきました。これで今日の楽しみは終わりです。帰路はサイクリングロードを走らずに一般道経由にしました。

100529b.jpg

 今日の成果は前橋市内から一度も止まらずに目的地まで到着したことです。少しは根性と持久力が着いたかな?久しぶりの自転車で、あいにくの天候でしたがしっかり楽しめました。もう少し練習して、今度参加する「グランフォンド軽井沢…浅間山山麓1周、約125km、獲得標高2,300m以上だって(^_^;)」を楽に走りたいものです。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。