日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


ふじ山へ

2017年6月25日ふじ山に登りました。本当は富士山に登りたいんですが、とりあえず、ふじ山にしました。たぶん漢字では「不二山」だと思います。娘家族が遊びに来て、「ぐんま昆虫の森」に行きました親子孫3世代ですから、あまりきつい山には登れません。昆虫の森に行ったら、そんな山があったので登ったって感じです。いやあ、これが意外ときつい…ずっと階段です。孫は元気!山頂には立派な石祠がありました。樹林に囲まれ...

続きを読む


山旅のまとめ

2017年5月19日~6月20日のんびり山歩きの旅「九州・中四国・近畿」は無事終了した。天気に恵まれ、いい思い出の旅となった。今までいろんな山を歩いたが、時々「日本百名山は歩いた?」という話になることがある。今迄、特に百名山を意識してはいなかったが…しかし、後期高齢者になったらもう登りたいと思っても歩けないだろうなあと思うようになった。どうせなら百名山達成してみようかなと思うようになり、今まで登った百名山を...

続きを読む


白山

2017年6月20日(晴れ)白山のんびり山歩きの旅最終日今回の旅を締めくくりにふさわしい、素晴らしい山歩きとなりました。別当出合の駐車場に車中泊。早朝より歩き始める。登りは観光新道経由。尾根に出ると別山の展望が素晴らしい。沢山の花も出迎えてくれる。黒ボコ岩手前あたり、残雪が現れトラバース気味に歩く。この程度ならアイゼンは不要だが慎重に歩く。そして室堂平に到着。ひと登りで御前峰です。素晴らしい展望が待って...

続きを読む


荒島岳

2017年6月19日(晴れ)荒島岳カドハラスキー場跡から登る。最初は舗装路面の直登、そしてごろごろした石ころの歩きにくい道だ。リフト終点跡からはブナ林の樹林帯となり、時々階段状の急登だ。シャクナゲ平からいったん少し下り階段状の道をのぼるとモチガ壁ひと頑張りで尾根に出ると山頂への尾根となる。たどり着いた山頂は360度の展望。素晴らしい景色が広がる。明日歩く予定の白山の山容が美しい。槍ヶ岳も見えます。立派な...

続きを読む


伊吹山

2017年6月18日(曇り時々晴れ)伊吹山植物の宝庫と言われる伊吹山。山頂一帯のお花畑は見ごたえがあるらしい。しかし、ちょっと時期が早かったのか、山頂当たりではほとんど花を見かけなかった。6合目辺りからジグザグの登りとなり、山肌には黄色い花が目立つようになる。8合目辺りから登山道らしくなってくるとほどなく山頂。到着しただだっ広い山頂にびっくり。↑クリックで大きくなりますすぐ近くにはドライブウエーが通じており...

続きを読む


大峰山

2017年6月17日(晴れ)大峰山今日も晴れです。近畿の最高峰、八経ケ岳が大峰山の最高峰。その先の明星ケ岳もついでに歩きました。登る途中、修験者の方が法螺貝を吹いて元気をつけてくれた。↑ クリックで大きくなります。オオヤマレンゲは残念ながら見ることができなかった。時期が違うのかな?...

続きを読む


大台ケ原

2017年6月16日(晴れ)大台ケ原雨の多い山らしい。町で1年かかって降る雨を一か月足らずで振ってしまうほどらしい。しかし、素晴らしい天気だった(^^♪登山口へ向かう途中、熊を発見!車の中からだったのでほっと一安心。ビジターセンターに届けておきました。結構、発見情報があるらしいとのことでした。↑クリックで大きくなります。樹林帯の気持ち良い歩きと野鳥のさえずり、立ち枯れ風景が印象的な山でした。...

続きを読む


伯耆大山

2017年6月15日伯耆大山この山に最初登ったのは、もう45年ほど前かなあ?懐かしい思い出の山を歩きます。以前の記憶は殆ど無い。何時だったかなあと、古いアルバム見てたら見つけました。正確には43年ほど前の10月、先輩に連れられて13名ほどで歩いてます。↑ クリックで大きくなります覚えてるのは、今は歩けない尾根歩きや砂走り?を下ったことくらい。アルバムには簡単なコースが書いていました。夏道を登って剣ヶ峰、ユートピア...

続きを読む


抽選結果

吾輩はくじ運が悪い。 今に始まったことではないが… 秋のマラソン大会に申し込んでいたが、ことごとく落選(*^^*) 大阪、神戸、金沢…まだ一度も走ったことのない大会。 今年こそは ! と期待してたが見事に落選。 でも横浜は当選でした。 バンザイ!って喜びたいんだが、この大会は縁起が歩い。 以前参加した時、完走はしたもののなぜか腰を痛め1ヶ月以上走れなくなってしまった。 それに参加料も高いしね。 まあ、...

続きを読む


心と体の休養日

九州の山歩きは終了。休養日です。九重からのんびりと博多を目指す。そして夜は、サラリーマン時代の先輩後輩4人で会食。話が弾み7時間も飲んでいた(*_*;そして翌日は、数日前から友人と博多に来ているhiroと合流。初日は義母のお墓参りです。その後は高校時代3年間お世話になった日田の酒屋さんを訪問。ここでも昔話に花が咲き、お土産にお酒をいただきました。夜は昨夜とはメンバーを変えて昔の仲間5人で会食。いやあ、楽しい時...

続きを読む


九重 三俣山

2017年6月10日九重 三俣山のんびり山歩きの旅、九州最後の山です。三俣山は久j重山群の一つ、スガモリ小屋跡から登り、4つの峰を回ります。大曲からの時間短縮コースでもよかったが…やはり九州最後の山歩きだし、頑張って歩こうと長者原からとした。↑ クリックで大きくなります長い林道歩きを終え、硫黄山を右手に眺め岩のごろごろした斜面を登るとスガモリ越えスガモリ小屋跡で一休みいよいよ三俣山にとりつきますいやあ、こち...

続きを読む


久住山

日の出を見ようと頑張ったが… ちょっと間に合わず。 雲が多くきれいな日の出ではなかった。 朝焼けに浮かぶ由布岳が綺麗です。 久住山頂からは360度の展望が素晴らしい。...

続きを読む


阿蘇 根子岳

6月3日阿蘇根子岳に登る。どこから見てもその姿は凛々しさを感じる。この山に最初登った時は屋型ウドコース。稜線について見上げた天狗岩には度肝を抜かれた。その時は山の技術もないのに、そびえたつ岩壁に挑もうとして、まったく歯が立たなかった。そんな思い出の山、熊本地震であの天を衝く凛々しい姿の岩肌が崩壊したらしい。屋月度コースは地震のせいか大雨のせいかわからないが荒れて通行禁止の様だ。で、今回は大戸口のほ...

続きを読む


阿蘇 高岳

2017年6月2日 晴れ。仙酔峡への道は、地震で崩壊し修復工事中。阿蘇青年の家から歩き始める。工事個所は、工事の方に断って通してもらう。いやあ、まだまだ修復には多くの時間がかかりそう。火山警戒レベル2(気象庁はレベル1だが、阿蘇市では2として規制しているとのこと)です。火口から1km以内は立ち入り禁止となっている。↑クリックで大きくなります無人の仙水峡ロープウエイ乗り場では、「火口一帯では有毒ガス...

続きを読む


自然は美しい…

山歩きをして感じるのは、自然って素晴らしいね。 美しいね等々 でも自然って時に牙を剥き、こわいねえって思いです。 普賢岳下山後、幾つかの施設で、以前の火砕流や土石流の映像をみた。 また、当時巻き込まれた家などを見た。 道の駅から眺める平成新山は夕闇を迎えようとしている。 美しい! しかしあそこから火砕流が流れてきたと思うと…...

続きを読む


万年山

万年山(はねやま)2017年6月1日天気予報がいまいち…ラクチンな山を歩いて半休養日にしよう。ちょっと遅めに「道の駅 童話の里くす」を出て登山口へ向かう。万年山は、麓から眺めると柱状節理の断崖絶壁。山頂は平坦で東西3kmにも及ぶらしい。巨大な溶岩台地(メーサ)、「下バネ」と呼ばれるメーサの上に「上バネ」と呼ばれる溶岩のテーブルが乗った形です。ミヤマキリシマ咲く山頂一帯だが、少し時期が遅いかな?↑クリックで大...

続きを読む


 | ホーム | 

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。