日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事


赤城山 その3

赤城山も主なピークを全山制覇しよう!と思い立ち3回に分けて挑戦することにした。その計画もいよいよ最終回。主峰「黒檜岳」への挑戦です。この挑戦は、29日に参加する「上州武尊山スカイビュートレイル」の練習の一環として計画した。2回目までは一応トレランもどきで順調に終了。今回の分はもう時間もないしやめようかなと思っていた。今から無理して疲れが残ったり足を痛めたりしたら…そう思っていたが今朝起きたら素晴らし...

続きを読む


今回も…

ダメだった…東京マラソンの抽選結果「落選」「厳正なる抽選の結果…」とのことだが、こんなに落選が続くと「ほんとに厳正なのかなあ?」なんて思ってしまう。もっとも昔からくじ運は悪いほうだ。しかし今回は少し期待していたのだ。「ガリガリ君」アイス、今年はなんと4本も当たりが出たのだ。4本目はつい先日。この流れで東京マラソンも当選だあ!と淡い期待を胸に秘めていた。しかし…ガリガリ君で運を使い果たしちゃったんかもね...

続きを読む


赤城トレラン練習 2

赤城トレラン その22013年9月21日赤城山の名だたるピークをトレイルランで制覇しようと3回に分けて挑戦。今回はその2です。コースは地蔵岳から鈴ケ岳、薬師岳と大沼を1周する予定になかった小黒檜山も行こうと挑戦したんですが道がわからず右往左往で断念次の2枚の画像はクリックすると大きくなります約19km、獲得標高差約1,500m。所要5時間28分でした。暑くなりそうだから早くスタートしようと赤城山に...

続きを読む


激走 福岡国際マラソン

いやあ、一気に読んでしまった。「鳥飼否宇」氏の小説  副題は「42.195キロの謎」福岡国際マラソンというので、福岡が懐かしくなり何気に借りてきたミステリー小説。懐かしい地名も出てきたりで、内容もさることながら身近に感じた一冊でした。出場選手の過去に秘められた出来事。それがマラソンを走る駆け引きや苦しさと織り交ぜながら物語が展開していく。まるでテレビの実況中継を見ているような錯覚に陥る。自分がマラ...

続きを読む


MTB練

10月中旬、MTBの大会に申し込んだ。MTB乗るのは久しぶり。それも市内走行ばっかりでタイヤはスリックにしている。これじゃ大会に出ても足手まといになるばっかり…リタイヤの恐れもある。少し練習しておかなくっちゃねというわけで、近くにある小高い山(というより丘。一応山の名前はありますが…)に出撃。もちろんタイヤはゴツゴツしたトレイル用に交換。しかしこのタイヤにすると走行感は「おもた~い」まあ、スピード出す...

続きを読む


谷川岳主脈縦走

2013年9月17日台風18号が大きな被害を各地にもたらした。幸い我が家付近は大事に至らなかった。翌日は快晴の予報。本当は赤城山に行く予定だったが、日本全国晴れマークの予報。これなら谷川岳もいい景色が見れるかも?前回の馬蹄型縦走では雨の中、全く景色見れなかったし、リベンジだ~。でも同じコースでは面白くない。西黒尾根から万太郎山にしようと決定。このコースは1999年の6月、平標山まで歩いたことがある。素晴らしい景...

続きを読む


赤城トレラン練習 1

9月10日 曇り今月末のトレイルランに向け少し練習しておかなくっちゃね。二週連続の自転車の大会も終わりそろそろランモードに戻さなくっちゃ…というわけで赤城山でトレランの練習です。赤城山といっても広い。大会までに赤城山のすべてのピークを制覇しようと地図とにらめっこ。今回走ったコース↓  クリックすると大きくなりますほんとは一日で走り抜ける位の実力がないと月末の大会は完走無理かも…でも無理して足を痛めて...

続きを読む


北アルプス山麓グランフォンド2013

2013年9月7日~8日参加してきました。数日前から天気が不安定、そして台風の影響も予想され果たして開催されるのか不安だった。結果、当日朝、ロングコース参加者はミドルコースに変更となって開催が決まった。本当は雄大な北アルプスの山並みが見えるコース。アップダウンは厳しいが走りたかったなあ。また来年に期待することにしよう。前日のウエルカムイベントでは元オリンピック選手の鈴木雷太氏のコース説明や走り方のアドバ...

続きを読む


また雨~?

先週に引き続き、今度の日曜日も雨模様…困ったなあ…雨の中、100kmのライドになりそうな感じですが、精一杯楽しんできま~す。少しでも天気が持ちこたえるように今日から祈っておきましょう。今回のお楽しみはもう一つ前日に開催される呑み歩きです。オプション参加の予定です。翌日のライドに影響のない程度でしっかり呑み歩いてこよう。宿泊場所から送迎用のバスが出るらしいが定員があるそうです。早めに言って申し込まなく...

続きを読む


全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 最終章

預けていたザックを受け取り着替え下山の列に並ぶ。続々とゴールしてくる選手たちでゴール付近が詰まっている。「前に詰めて~」と叫び続ける関係者のひとゴール目指して駆け上がってきた選手、あわててブレーキ!颯爽とゴールを駆け抜けられなくなった選手も多かったことでしょう。感動のゴールのはずが、ちょっと無念だったろうなあ急遽ゴール地点を変更したんで、こんなところにも影響してるんだろうね。さあ、下山開始です。ヒ...

続きを読む


全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 その2

6時過ぎに会場へ。いやあ、すごい人、人、ひと!まずはバスに防寒着などを入れたザックを預けます。ゴール付近は標高2,720m。下りは結構な寒さが予想されます。大会事務局より案内があった。「ゴール付近は風速10~15m。視界なし。大雪渓あたりからゴール付近、昨夜の風雨で拳大の石や泥が流れ出ている。自転車走行は無理…」もしかして中止…会場が一瞬ざわめく。少し間をおいて「よって、15kmの短縮コースで開催します」...

続きを読む


全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 その1

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍(第28回)2013年9月1日坂好きでもない我輩だが、この大会はぜひ走りたい。景色、コースの難易度、標高、達成感、そして人気と伝統…どれをとっても申し分ない。昨年初めて参加して感動。よし!来年も走るぞ~との想いを胸に、ついにその日がやってきた。こう書くと、その為に自己ベストを目指して日々練習に励んできたように聞こえるかもしれない。しかしヒルクライムはタイム更新だけが目的...

続きを読む


乗鞍完走

悪天のためコース短縮雨や曇り、チョイ晴れ…目まぐるしく変わる天気でした。調子はいまいち。とりあえず完走レポは後日。...

続きを読む


 | ホーム | 

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。