日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


九州へ

いよいよ北海道を離れ九州の地を踏んだ。暑い!電光掲示板が34℃を示していた。もう明日は9月になろうというのにね。...

続きを読む


いよいよ最後…

あと3日、北海道の生活もいよいよ終盤となってきた。今日は思い出に花火大会を見に行った。明日は十勝センチュリーランで走ってきます。北の大地を走るのもこれで最後かとちょっと寂しい心境です。 そんな寂しい心境の中、以前関東で遊んで貰った人々と電話で話すことが出来た。ドドドド~ンと花火の号砲が鳴り響く中、懐かしい顔ぶれの面々を思いだした。富士山でキノコ狩りそしてキャンプで盛り上がっている楽しそうな人達。す...

続きを読む


暑いよ~

明日は九州へいってきます。今途中下車で東京のホテルに居るんですが…飛行機を降りた途端、北海道では感じなかった「むッ」っとする嫌~な感じ。蒸し暑いです。やっぱクールビズが良かったかなあ…電車に乗っても遅い時間なのに人が一杯(まあ、日本の首都ですからしょうがないですが)北海道では考えられない人、人、ひとやっぱ人は少ない方がいいなあ…ホテルについて「涼しい!」と言いたかったんですが、部屋は冷房が入って無く...

続きを読む


夏だ! 花火だ!

夏はやっぱり花火!漆黒の夜空にドドドド~ンと豪快に大輪の花を咲かせる姿はまさに日本の夏!十勝川の特設会場に約20,000発の花火が上がった「たっまや~!!」との歓声が上がる北海道の暑い夏ももうすぐ幕を閉じる…他の写真はこちらからどうぞ...

続きを読む


夕日をあびて

 以前シルエットで撮した「本郷 新」氏の彫刻を、近くを通りがかったので見てきました。リズムと名付けられた作品です。今日は夕日を浴びて益々躍動的な姿でした。 本郷氏の作品は、半歩踏み出した足が変化を与えています。まさに前進あるのみ、若者よ未来に向かって進めってね。この作品、お気に入りの人達が多いようです。その証拠に膝くらいまでは、なでなでしたのかピッカピカに輝いていました。...

続きを読む


クモ

先日、釧路湿原を散策したとき見かけました。鮮やかな色です。何という名前のクモなんでしょう?気になります。こんな派手な色合いだったら、密かに隠れててもすぐ見つかって餌が飛んでこないんじゃ…なんて思ってしまいました。反対側から眺めた姿は次の通りです。...

続きを読む


感動 初体験!

見ました!我が輩の人生で初めての出来事です。以前から見たかった「ヤマセミ」。今日その感動を味わうことが出来た。それは北海道でも30℃軽く超えるような暑い日の出来事だった。涼しさを求めて、釧路湿原の中を流れる川をカヌーで下った。(ガイド付きです)スーッと白く大きな物体が眼前を横切った。「ヤマセミです!」ガイドさんの声。すかさず双眼鏡でその姿を追う。枝にとまったヤマセミがこちらを見つめていた。嬉しさの...

続きを読む


そして日が暮れた

ある日、夕焼けを眺めた。山育ちの我が輩は、海に沈む夕日を眺めると、小学校の修学旅行で眺めた夕日を思い出す。その真っ赤で大きな太陽は、スットーンと海に沈んでしまった。我が輩は海を見たのはその時が初めてだった。そしてこんな雄大な、そして荘厳な夕焼けにただ言葉を失い感動した。その時の感動は今も忘れない…...

続きを読む


カモメも

ある日、漁港で潮風を嗅いだ。今まさに日が暮れようとしている。船のマストにカモメが佇んでいた。日が暮れるのを眺めるように…人も鳥も、やはり夕暮れは物思いに耽るんだろうか?カモメと同化したわずかな時間…...

続きを読む


夕日のあたる町

ある日、漁港のそばにあるホテルに泊まった。時間があったので、海岸まで散歩した。振り返ると黄金色に暮れなずむ町の景色が輝いていた。根室漁港にて…...

続きを読む


夕暮れ

ある日、海岸線を車で走った。垂れ込める厚い雲の間から陽が射してきた。風蓮湖は根室湾と繋がった湖である。根室へと続く海岸線…海の香りを感じながら、自然のドラマを見るように日は暮れようとしている。黄昏…...

続きを読む


 | ホーム | 

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。