日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


のんびり山旅 屋久島 後編(2017/5/27)

快晴の屋久島 後編(2017/5/27)

詰めて下さ~い…もう無理ですよ~etc
昨夜は喧噪の新高塚小屋だったが、とりあえず皆無事に朝を迎えたようだ。
いよいよ今日は九州の最高峰「宮之浦岳」をめざします。
今日も天気はばっちり!

20170527ymka.jpg

今日の予定は、とりあえず淀川小屋まで。
小屋泊まりであれば時間もたっぷりあるので余裕です。
順調に歩けば淀川へ下山も可能のように思うが、ネックは宮之浦に戻るバスの時間だ。
ま、気楽な一人旅、たっぷり屋久島の山を堪能しながら歩こう。
最終的にどうするのかは、小屋に着いた時間で考えよう。

20170527ymkb.jpg

坊主岩を過ぎ、進む方向には宮之浦岳だけでなく、翁岳、永田岳などの展望も素晴らしい。
途中からは、モヤっとしてるものの種子島の展望も得られた。
昨日の樹林帯歩きとは違って素晴らしい展望の山歩きの始まりです。

20170527ymkc.jpg

このコース、シャクナゲも沢山咲いています。
青い空、白い雲、そして緑の山肌に赤やピンク、白のシャクナゲが彩を添える
平石岩屋に到着。
岩の上に立つと360度、素晴らしい展望が広がる。

20170527ymkd.jpg

コーヒーを飲みながらのんびりくつろぎます。
あれほど沢山いた小屋泊まりの人達は、逆コースなのかな?
まだほとんど人に出会わない。
宮之浦岳へと続く登山道にも数人しか見当たらないなあ。

20170527ymke.jpg

ザックが数個デポしている分岐に到着。
永田岳へ行ってきま~す。
丸っこい岩があちこちポコポコと突き出している姿は珍しいね。

20170527ymkf.jpg

なだらかな道の後、意外と下ります。そして登り返しとなる。
山頂を見上げると、岩の上から数人が下山中です。

20170527ymkg.jpg

「素晴らしい景色でしたよ」と下ってくる人から声をかけられるとわずかで山頂。
たった一人で素晴らしい展望満喫。

20170527ymkh.jpg

周囲の山々はもちろん、この山頂からも開聞岳が見えます。
群馬あたりの地元の山から富士山が見えた時と同じような感動です。
しばし展望を楽しんでいたら単独の男性が上がってきたので山頂を譲り下山。
次はいよいよ宮之浦岳です。

20170527ymkk.jpg

分岐から意外と簡単に山頂到着。
遂に来ましたよ~

20170527ymkj.jpg

九州の最高峰、やったね。
もちろん展望も最高。

20170527ymkl.jpg

さて展望満喫したし下りましょう。
でっかい岩のある、くりお岳を過ぎ、いくつかのアップダウンを経て投石岩屋
眼前には黒味岳がそびえる。

20170527ymkm.jpg

いったん鞍部に下り左へトラバース気味に登ると黒味岳への分岐です。
時間的には大丈夫だけど、どうしようかなあ…
思案していたら後続のご婦人に「山頂は素晴らしい展望よ。ここまで来たら登らなくっちゃ」と背中を押された。

20170527ymkn.jpg

よし、登るぞ~
水とカメラだけ持って軽装で登ったらあっという間に山頂着。
若者数人がのんびりくつろいでいた。

20170527ymo.jpg

ここからは、永田岳や宮之浦岳、翁岳が一望できる。
あっちから歩いてきたのかあと感慨も新たです。

20170527ymp.jpg

さて次は、花之江河。
湿原みたいなところだがあまり花は見かけなかった。
振り返れば黒味岳の山容。これでホントに見納めです。

20170527ymq.jpg

あとは樹林帯を頑張って淀川小屋。
手前に透明感ばっちりの川が流れていました。
いやあ、綺麗ですねえ。

20170527ymr.jpg

小屋着は13時前。
この時間から小屋泊まりは退屈そうです。
登り返しはあるものの、バスの時間には十分間に合いそう。
最後の登り返しを頑張って、少し下ると淀川登山口着。
そこから林道をしばらく歩いてバス停到着。
時間まですぐ近くにある紀元杉(道路からも見えます)を見物します。
道路から少し下るとでっかい紀元杉の展望デッキ。
観光に来てた中国人女性の方と写真を取り合う。
推定樹齢3,000年…
すぐ近くから見ることができ、その大きさと歴史に圧倒される雰囲気でした。

20170527yms.jpg

バスに祈乗り宮之浦港へ向かう。
どっか民宿にでも泊まろうかなと思っていたが…
乗り合わせた神戸のFさん、埼玉のOさんから、高速船に間に合うよ~と教えてもらった。
泊まって明日「フェリー屋久島」で戻るのと、高速船利用するのとはどっちが得か銭勘定。
宿の値段にもよるがどっちもどっち。
それならせっかく出会えたお二人と一緒に鹿児島港に戻ろうと決定。

20170527ymt.jpg

Oさん、明日は開聞岳らしい。
おおっ、私も明日か明後日にと考えていたんですよ~
処で今夜の泊りは?と尋ねると、なんと同じ道の駅の予定だった。
その流れで、電車で戻る予定だったんだが、Oさんの車で谷山港まで送ってもらえることになった。

トッピーは料金が高いだけあって座席指定、早くて快適!
船窓からは明日登る予定の開聞岳がそびえ立って見える。
明日楽しみですねえ。

20170527ymu.jpg

鹿児島港着、まずはFさんを「安全走行、気をつけて帰ってね~」と見送る。
そしてOさんの車で谷山港まで送ってもらい、あとで道の駅で会いましょうと別れる。
急いでJR駅まで行ってデポしていた自転車を回収し「道の駅 喜入」へ向かう。
どうにか閉館少し前に滑りこみセーフ。たった二人で広―い温泉独占です。
あがる頃には、掃除の方が脱衣場で待機していました。
ぎりぎりすみませんでした~とお礼を述べ車に戻る。

Oさんと、ビール飲みながら交流を深めます。
屋久島は良かったねえ、明日の開聞岳も晴れそうだね、その他いろいろ山談義をして就寝。
明日は一緒に開聞岳に登ることになりました。

アルバムです↓


行程  1日目 12.5km、6時間15分、 2日目 16km、8時間32分
1日目 白谷登山口9:00→太鼓岩→縄文杉14:20→新高塚小屋15:15
2日目 小屋5:45→8:10永田岳8:30→9:13宮之浦岳9:50→11:26黒味岳11:40→12:54淀川小屋13:12→バス停14:05
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。