日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


根子岳 スキーハイク

2017年2月28日(晴れ)

根子岳

根子岳に最初登ったのは今から16年前…
スノーシューで歩き展望の素晴らしさに感動したものだ。
その時、山頂近くからスキーで滑ってる人がいた。
いやあ、凄いなあ、面白そう! いずれ自分も…
と、思って早16年。ようやくその日がやってきた。

20170228na.jpg

しかし、もう10数年もスキーをしていない…
果たしてちゃんと滑れるのか?
そんな状況なのに、行ってみようと思ったのは…
先日、行ってきたよ~と、夢創歩さんが楽しそうにブログにアップしているのを見たからです。

でも10数年ぶり…
スキーやブーツを引っ張り出して眺めてみます。
特に心配はブーツです。プラブーツは劣化すると突然割れることがあると聞いた(*_*;
まあ、こればっかりは、今更買い替える気はないし、使ってみるしかないね。
あと、シールがどうか?
粘着性はあり問題なさそう。
最後の心配は、ちゃんと滑れるか?
転んでもいいように、ヘルメットは持って行かなくっちゃね

nekomap20170228.jpg
↑ クリックで大きくなります

そんなことから初心者でも大丈夫そうな根子岳にした次第です。
天気予報は、長野方面は晴れるとの予報。
でも群馬県側は曇ってます。大丈夫かなあ…
久し振りのスキーに、ワクワクドキドキの心境で、奥ダボススキー場へ向かう。

20170228nb.jpg

途中、鳥居峠では見事な霧氷!
もしかして根子岳でも期待できるかな?

20170228nc.jpg

スキー場は近づくと、青空です!
やったね。
チケット売り場で「登山届はどこに…」と尋ねる。
「ここで預かりますよ。楽しんできて下さいね」と見送られる。

20170228nd.jpg

リフトを一本乗れば楽なんだが、足慣らしも兼ねて最初からスキーで登ることにします。
シールの効き目はどうかな?
おっ、滑らずにちゃんと斜面登っていけるぞ。
ブーツ、割れないだろうなあ…などと思いながら10数年ぶりのスキーの感触を楽しむ。

20170228ne.jpg

ゲレンデの脇を登り、ようやくリフト終点に着いた。
素晴らしい景色が広がります。
同じく群馬から来たという男性にお願いして早速記念撮影。

20170228nf.jpg

ここから山頂がばっちり見える。
スノーキャットという赤い雪上車があります。
純白に映えますねえ。

20170228ng.jpg

これで山頂直下まで運んでもらい、スキーで下山というのも人気があるそうです。
気軽に山頂へ行き大展望を満喫するのも良さそうです。

でも、今回はスキーで登るのも一つの目標。
てくてくと山頂を目指す。

20170228nh.jpg

圧雪されたコース、まったく問題なく登れます。
途中から全くトレースのない樹林帯へ入り、雪の感触を楽しみながら登る。

20170228ni.jpg

避難小屋を過ぎ、前方にスキーで登ってる男性発見。
追いついて相前後しながら登り、情報交換。
長野在住の男性、素晴らしい展望を眺めながら山の名前を教えてもらいます。

20170228nk.jpg
↑ クリックで大きくなります

途中、上ってくるスノーキャットが追い付いてきた。
まじかで見ると結構な斜面を上ってるように見える。
乗客が、手を振ってくれるので、笑顔で応答。

20170228nj.jpg

樹氷もだいぶ大きくなってきた。
モンスターというにはちょっと物足りないが、中々の景色です。
山頂直下のスノーキャット終点に到着。

20170228nl.jpg

いやあ、登りがいありました。
ここでスキーをデポしてスキーブーツで山頂へ向かう。
歩行モードにセットして歩くが、歩きにくいですねえ(*_*;
男性はそのままスキーで登ります。

20170228nm.jpg

この辺りの樹氷は大きく成長している。
少し急な斜面を樹氷の間を縫って山頂へ向かう。
樹氷が途切れると広い斜面となり、祠の立つ根子岳頂上が見えた。

20170228nn.jpg

いやあ、ここからも素晴らしい景色
360度の展望が広がります。
展望盤で山座同定しながらコーヒータイム
風は少しあるが、気持ちいいです。
至福のひと時!

20170228no.jpg

さて下山しましょう。
スノーキャット終点まで下ってきた。
山岳ガイドパトロールの男性と、谷川岳方面の山談義で盛り上がる。
そしてついに…
超久しぶりのスキー滑降のスタートです。
ワクワクドキドキ…
シールを外して、ブーツをロックして…
ヘルメット装着良し!

20170228np.jpg

先に、山頂でご挨拶した女性二人がスタートです。
転んで迷惑かけちゃと思い、少し遅れてスタート!
スキーって自転車と一緒かもね。
一度滑り方覚えたら体が記憶しているようです。
颯爽とはいかないが、どうにか斜面を下ることができました。

20170228nq.jpg

もちろん、滑るのは圧雪された斜面です。
体が覚えているとはいえ、スピードが出るとやはり緊張します。
気分は、最高!
格好良くシュプールを描いて颯爽とした滑り…のはずだったんですが…
腰が引けて、なるべくスピードをが出ないようにブレーキ欠けてばっかり(*_*;
せっかく苦労して登ってきたんですから、たっぷり時間をかけジグザグに滑ります。

20170228nr.jpg

ゆっくりペースとはいえ、やはりスキーです。
あっという間にリフト終点に到着。
この頃にはだいぶ滑りにも余裕が出てきた感じ。
山頂を眺めながら二回目のコーヒータイム。
先に滑っていた女性二人ものんびりペースで下ってきた。
ベンチに腰掛けスキー談義。
近くの人らしく、ちょくちょく来るそうで、今からゲレンデでしばし遊んで帰るとのこと。

P2280194.jpg

我輩は下ってしまえばもう終わり。
ゲレンデをのんびりと滑降。
受付に下山報告をし、楽しいスキー登山は終了した。

20170228nt.jpg

いやあ、10数年ぶりのスキー楽しかった!
この冬、もう一回くらいどこか滑りたいなあなどと思案しながら帰路についた。

アルバムです↓


奥ダボススキー場P 8:48→11:23根子岳12:30→スキー場P13:42






関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。