日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


岩櫃城忍び登山

2017年8月20日 曇り吾妻町が誇るスカイランナー長谷川香奈子氏がプロデュースの大会に参加した。大会パンフより 「真田幸村が幼少期を過ごしたとされる岩櫃城、岩櫃山。 そこには雄大な景色と豊かな自然、歴史の足跡が今だ残されている。 かつて忍者修行の地であった「岩櫃山」を舞台に、 悠久の時を超え、真田の忍が山を駈け登る。」 子供からお年寄りまで、初心者から上級者まで楽しめる様な大会でした。 山頂までの片道登山時...

続きを読む


のんびり山旅 九千部岳(2017/6/5)

2017年6月5日雲仙九千部岳今回の山歩きの旅、本命の九重のミヤマキリシマは10日位が見頃。その日程を中心に予定を組み立てたが、予定より少し早く進行している。山歩き以外にも大事な予定がある。博多でサラリーマン時代の友人と飲み会。それとhiroと博多で合流し別の仲間と飲み会もある。それまで余裕があるので。計画外だが九千部岳に登ることにした。九千部岳は、夏にはヤマボウシが山肌に一面に咲くらしい。まだその季節には...

続きを読む


のんびり山旅 普賢岳(2017/6/4)

2017年6月4日のんびり山歩きの旅「雲仙普賢岳」熊本県長洲市からフェリーで島原半島にわたる。道の駅「みずなし本陣ふかえ」で車中泊、明日登る予定の雲仙普賢岳道の駅からは荒々しい岩がそびえる平成新山が見える。あの頂から道の駅までは結構な距離がある。ここに「土石流被災家屋」が当時の現状のままで数棟保存されている。雲仙普賢岳噴火で平成4年の土石流で埋没した家屋です。あの平成新山から…信じられない思いで、被災家...

続きを読む


阿蘇根子岳(2017/6/3)の アルバム

のんびり山歩きの旅 阿蘇根子岳(2017/6/3)のアルバムです。阿蘇根子岳の天狗峰は山肌が大きく崩壊し、一般登山者は登ることはできない。大戸尾根から往復で東峰を目指す。そこから天狗峰方面へのルートも崩壊や亀裂があるルートは寸断されている。東峰から見る天狗峰、中々凛々しい姿だが崩落した岩肌が痛々しい。近くまで行ってみようと天狗峰を目指す。↓ アルバムです山行記録はこちら過去にアップした分です。↓根子岳 ←ク...

続きを読む


阿蘇高岳(2017/6/2)のアルバム

のんびり山旅 阿蘇高岳のアルバムです。2017年6月2日仙酔尾根から高岳東峰~高岳~中岳~仙酔峡と歩く。阿蘇山火口から半径1km以内はガス発生の件あり立入禁止です。↓ アルバムです山頂付近はミヤマキリシマが見ごろでした。↓ 山行レポはこちら(過去のアップ分です)阿蘇高岳 ←クリックしてね...

続きを読む


東北の旅 最終日(8/10)

2017年8月10日リボーンアートフェスティバル、C・Dエリアを巡る。前日まで台風の影響でクローズとなっていたエリア。ようやくオープンとなった。このエリアは、牡鹿半島の中部と、先端の鮎川エリアにまたがる。主に屋外の展示物が多いので結構な移動距離がある。無料バスもあるが車で回ることにした。部屋の中央にぽつんと置かれた椅子その前には一つの窓窓からみえる景色は海座って目をつぶれば何かが見えるかも?屋上にはなぜ...

続きを読む


東北の旅 6日目

東北の旅 6日目2017年8月9日今日も雨です…風も強いです…残念ながら「リボーン アートフェスティバル」のC・Dエリアは今日もクローズ。で、駅から少し離れたBエリアの芸術作品鑑賞です。そして、次は「石ノ森萬画館」へ行きましょう。孫のT君が少し前までは「変身!」などと言ってベルトを装着し遊んでいたなあ。どんな施設か楽しみです。駅まで行ってコースを回る無料のバスに乗りましょう。行く途中、派出所の壁に、怖そう...

続きを読む


東北の旅 5日目

2017年8月8日宮城県石巻市へ向かいます。目的は「リボーンアートフェスティバル2017」リボンアートとは…パンフレットより抜粋です↓今世界中がテロや紛争、難民、国境問題等緊張感に包まれている。日本も決して対岸の火事では済まされない。今回の舞台石巻市は2011.3.11東北大震災によって風景や日常がすっかり変わった。フェスティバルは、過去への追悼でなくアートや音楽、食によって「未来の自分に出会う場所」を提案する。日本...

続きを読む


東北の旅 4日目

2017年8月7日「花が咲き、鳥が舞う、ゆったり時間の自然アイランド 自然と伝説の飛島!」島民は200人ちょっと、周囲10.2kmのちっちゃな島そんな島で旅館に泊まってのんびり海の幸を満喫したい。定期船」は一日二往復所要約75分「飛島往復お願いしま~す」「え~と…明日は台風の影響で欠航になるかも…」「そうなると帰れないかも…」「島にそのまま滞在と言うことになりますね。いつ動くかは台風次第…」のろのろと迷走を...

続きを読む


東北の旅 3日目

2017年8月6日山形県鶴岡市にある、「クラゲドリーム館」へクラゲって癒し効果があるのかな?今、大人気らしい。クラゲのイメージは、海水浴で刺され痛い思い出しかないが…↑水クラゲが乱舞する巨大水槽今日は日曜日、混みそうなんで早めに行けば大丈夫かなと思ったが…開館は9時。到着したのは9時15分頃だったのに、駐車場は満車。海水浴場も近くにあり、激混み。かなり離れた場所に案内され、水族館まで行く間に汗びっしょりで...

続きを読む


プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。